求人探しをするなら

既卒者でもそうでなくても求人を探すなら、求人に関するサービスを積極的に利用することをオススメします。エージェントサイトや職業案内所、求人誌など様々なサービスがあるので自分に合うサービスで仕事を見つけるといいでしょう。

求人探しに役立つサービスランキング

no.1

求人紹介サイト

求人探しで最も役立つサービスは求人紹介サイトになっています。このサイトでは自分の情報を登録しておくことで、サイト側が自分に合った仕事を紹介してくれるという仕組みになっているため効率よく仕事を探すことが出来るのです。

no.2

職業案内所

職業案内所も求人探しでは役に立ちます。ランキング1位を逃した理由としては、案内所に出向く必要があるという部分と待ち時間があることが原因となっています。

no.3

求人誌

求人誌は毎週フリーペーパーとして提供されるので、多くの方々に人気があります。しかし、人気求人はすぐに採用が決まってしまうという競争率の高さが、ランキング3位の理由になっているのです。

求人を探したら

自分に合っていると感じる仕事を見つけることが出来れば、次は面接の準備を行なう必要があります。面接ではいくつかの注意点があるので、しっかりと押さえておき採用されるように努力しましょう。

面接で気をつけておきたいこと

  • 履歴書の誤字脱字
  • 面接時間の遅刻
  • 受け答えの対応
  • 挨拶

就活を諦めるにはまだ早い!既卒者でも採用している企業って?

オペレーター

既卒者でも働ける環境

新卒の期間を過ぎてしまった既卒者でも働ける環境はいくつもあります。コールセンター業務や秘書などは前職の経験を活かせる求人となっているので就活としてもオススメ出来ますよ。また前職の経験が役に立つ場面もたくさん出てくるでしょう。

働き方はいろいろ

働き方には様々な方法があります。派遣社員として様々な現場を経験するのもいいですし、正社員として安定した働きをするのもいいでしょう。求人にはいろんな雇用形態があるので、既卒者が就活をする場合でもきちんと調べてみましょう。

求人募集に関するギモンコーナー

育児中ですが働けますか?

育児中の方でも採用をしている企業はたくさんあります。また育児を応援する取り組みもあるので、積極的に育児に力を入れている企業をオススメします。一般企業でも産休や育休などを用意している場合もありますよ。

バイトもしたことないのですが・・・

アルバイト経験や業界未経験者を積極的に採用する企業があります。そのような企業では研修制度を設けているため、一から教えてくれるのです。初めての仕事であってもしっかりとサポートしてくれるので安心出来ます。

Wワークを希望しています

Wワークが可能な求人も多く、シフトも相談に乗ってくれることが多いです。そのため、面接や応募時にWワークを希望している旨を伝えることが重要とされていますね。求人誌には載せていなくても、大丈夫というところも意外と多いですよ。

広告募集中