コップ

濃度の濃い水素水を飲めばたちまち美肌になれる

ppmを基準に選ぼう

コップを持つ人

高ければ良いとは限らない

水素はアンチエイジングや生活習慣病などに対する効果があるとして、医学や美容の分野で注目されています。現在は健康飲料として広く流通している水素水ですが、実は医療現場などでも使用されているのです。このことからも水素が体に良い影響をもたらしてくれることは分かりますが、実際にどのくらいの水素濃度が人間にとって理想であるかは研究結果でも証明されています。実はある大学で詳しく調査や実験をした結果、効果が出る水素濃度は約0.4ppmまでとなっています。ですから数値が0.4ppm以上になっても、人体への効果が上がることはほとんどありません。これは体内の 水素分子を感知する受容体の数が一定であるからで、濃度を上げても水素が飽和状態となってしまうことによります。さらに、水素は体内に取り入れても約6割が呼吸によって体外へ排出されるので、結果として人体に必要となる数値は0.4ppmから体外へ排出される分を補った0.8ppm〜1.0ppmとなるのです。ですから、水素濃度によって、水素水を選ぶ際のポイントは1.0ppmあたりが理想となるでしょう。ただ、理論的には1.0ppm以上の濃度は必要ありませんが、水素は元々失われやすい資質を持っているので、現実的には少々数値を上乗せしたほうがいいかもしれません。ですから、実際に水素水を濃度で選ぶ際は1.57ppmくらいの水素水がいいでしょう。なぜこの値なのかと言うと、水素が水の中に留まっていられるのは、高い圧力が掛かっているときのみだからです。常気圧の状態に戻した瞬間、水素はあっという間に空気中に抜け出してしまうため、いくら高濃度にしても水素濃度の限界はどうしても1.57ppmとなってしまいます。そのため、水素水を濃度で選ぶ際の選定ポイントは1.57ppmがベストとなるでしょう。