コップ

濃度の濃い水素水を飲めばたちまち美肌になれる

濃度の違いが重要

婦人

体調によって選ぶ

水素水とは水素を高濃度で含んだ飲料水のことを言い、薬局やドラッグストアなどで購入することができます。様々な健康効果が期待されており、水素の持つ還元作用によって悪玉活性酸素を除去する効果が特に注目されています。血圧を安定させる作用もあることから、循環器系の健康が気になる方にオススメの機能性飲料であると言えるでしょう。水素水には多くの種類があり、含まれている水素の量によって分けられています。そのため、自分に合った水素水を選ぶことが重要であると言えるでしょう。水素水の効果は、含まれている水素濃度が濃いほど高くなると言われています。しかし、活性酸素の除去といった効果が上昇する水素濃度には上限があるため、水素濃度が濃いほど良いとは言い切れないことに注意する必要があります。水素濃度と効果の関係において、濃度が1.0ppmに近づくほど効果が向上し、それ以上の濃度では効果に大きな差はないという特徴があります。そのため、水素濃度が1.0ppmの水素水を選ぶようにするのが良いと言えるでしょう。また、過剰なストレスや睡眠不足といった疲労状態が続いていると、体内の悪玉活性酸素量が多くなってしまいます。その場合、1.0ppmの水素濃度では不十分となってしまい、十分な効果を得ることができなくなってしまうことがあります。そのため、自身の体調に合わせて濃度の異なる水素水を選ぶようにすることが重要です。効果を高める摂取方法として、運動時や就寝前の摂取が挙げられます。水素水には脂肪燃焼効果や、疲労回復効果も期待されています。そのため、脂肪が多く消費される運動時や、身体を回復させる睡眠時などに摂取するのが効果的であると言えるでしょう。